Blog

日本人が知っておくべき事実(2)

前回の記事の続きです。

先日2月28日に、昨年12月の死亡数速報が厚労省から発表されましたが、前代未聞の急増とのことです。TACさんがグラフ化したものをtwitterに上げてくださっており、とてもわかりやすかったのでシェアさせていただきます。
参照元はこちら

コロナが蔓延し緊急事態宣言が出された2020年は死者数が減少していますが、翌年2021年になると死者数が急激に増加し、2022年は異常な増加です。

2012年からのデータと比較しても、今起こっている事態は異常であることは一目瞭然です。

東日本大震災のような甚大な災害があったわけでもないのに、これだけの死者が出ていることは大変な異常事態ですが、マスコミでほぼ取り上げられていないのはなぜでしょうか。

私たち一人ひとりがこういった世の中のおかしさに気が付いて、自分で情報を集めて、何が起こっているのかを知る思考力をつけなければ危ない時代に入っているのだと思います。

 

また、いつも有益な情報発信をしてくださっている チーム華さん の番組(Twitterスペース)では、東京理科大学名誉教授の村上康文先生が、驚くべき話をしてくださっています。

村上先生がお話の中で「こういった事実を知ってしまった以上、多くの方に伝えないわけにはいかない」というようなことをおっしゃられていましたが、本当にものすごい覚悟で、命がけで情報発信をしてくださっていることを感じました。このような先生方にはただただ尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。

マスコミでは報じられることのない、とても重要な内容ですので、ぜひ多くの方にお聞きになっていただきたいと思いました。Twitterをお使いでない方も、どなたでもお聞きになれます。

◆Twitterスペースの番組はこちら
及川幸久presents【ファイザーの機能獲得について村上康文名誉教授が解説!】

番組概要が書かれたチラシも用意されていましたので、以下に貼り付けます。

これだけおかしな世の中になってしまい、もう黙って見過ごすことができなくなった知識人の方々が、勇気を出して立ち上がってくださる姿を最近目にするようになりました。

素晴らしい精神性と知性を併せ持った日本人がいらしたこと、そして立ち上がってくださったことに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

今はだた、このような素晴らしい先生方がご無事でいられるよう祈るばかりです。

このような先生方の発信する情報や活動が広く知られるようになり、やがて世論が大きく変わったとき、世の中はきっとよい方向に変わると信じています。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着記事

  1. 2024.06.4

    観音崎☆
骨格診断とは
PAGE TOP