Blog

ぬくぬくワンピース☆ その1

私の冬の着こなしといえば、一に防寒、二に楽な着心地、という発想なので、上下とも裏起毛のインナーを着て、ニットにデニムを合わせるのがここ数年の定番でした。

でも決してそれが気に入っていたわけではなく、他によい案が思い浮かばなかったのと、子育て中だし上にコートを着てしまえば中の服はどうせ見えないからいいかと、諦めも入っていました。

でも、本当は、暖かくて楽な着心地でありながらも、もう少しエレガントな装いをしたいな~と常々思っていました。

せっかく洋裁ができるようになったので、厚手の暖かい生地でロングワンピースを作り(名付けてぬくぬくワンピース☆)、中にふかふかのタイツをはけばいいのではないかと思い立ち、今シーズンは真冬仕様のワンピース作りにチャレンジすることにしました。

ちなみにふかふかのタイツは、楽天で試しに買ってみたものがとても暖かくてお値段も手頃だったのでまとめ買いしてしまいました。見た目はリブタイツなのですが、内側はふかふかの裏起毛になっており驚くほど暖かいのです。結構な厚みがあるので脚が太く見えるような気もしますが、ロングワンピースを着てしまうので気にせず穿いています。

ぬくぬくワンピースは全部で3着作りましたので、1着ずつご紹介いたします☆

1着目に使った生地は白い厚手のウール生地です。普通ならコートなどに使われる生地だと思いますが、毛布にくるまれたような着心地のワンピースにしたかったので、あえてこちらの生地を選びました。

そうそう、冬仕様の暖かいワンピースといえばニットワンピが定番ですが、私は骨格タイプがストレートで身体に厚みがあるため、伸縮性のあるニットワンピは肉感を拾いやすく、太って見えがちで苦手です。過去に購入してみたことはありますが、やはり似合わずで、それ以降、買ったことはないです。

今回は、ニットワンピに負けない暖かさのぬくぬくワンピース作りを目指し、厚手のしっかりしたウールで作ってみました☆

娘の保育園の送迎等で、日常的に自転車に乗ることが多いので、動きやすいよう膝下にスリットを入れました。スリットは深すぎても動きにくいので、だいたい膝の位置を目安にしてみました。

厚い生地なので、袖口など何重にも生地が折り重なる部分は縫いにくかったものの、ハリ感があるため全体的には縫いやすかったです☆

毛布のような暖かい着心地で動きやすく、意外とシワもできにくいので、ぬくぬくワンピース第一弾の出来栄えには満足しています☆

レフ版効果があるのか、肌がきれいに見えるところも入っています。

作った服を掲載するときはいつもハンガーに吊るして撮っていましたが、実際に着た状態でないとシルエットが伝わりにくいな~と思い、今回はスマホを固定して自分で撮ってみました。ただ画面の真ん中に立つのがインカメラで確認しながらでないと難しかったので、ちょっと画質はイマイチになってしまいました。。。だいぶ昔の機種なのでカメラの性能もあまりよくないのかもしれないです。

ちょっと画質はイマイチですが、引き続き、第2弾、第3弾も公開しますので、お楽しみいただけましたら嬉しいです☆

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着記事

  1. 2024.06.4

    観音崎☆
骨格診断とは
PAGE TOP